lov

lov をリリースしました。

相変わらずごちうさにハマってます。ラグです。

先ほど、twitterの#ごちうさ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負ハッシュタグに投稿されたイラストに溺れられるサイト lov をリリースしました。

E(絵)を探す日常のお供に、どうぞ、よしなに。

lov – http://lov.ragg.me/
Ragg-/lov on GitHub

サポートは @_ragg_で受け付けてます。

現状の機能

  • 2016/05/26 以降に投稿されたイラストが一覧できます
  • 画像クリックするとツイートのページに行けます。
  • スマホからも見れるので、仕事中の一服にいかがでしょう?

対応予定・検討中

(2016/06/06 更新)
– [完了] 2016/05/26 以前のツイートの参照
– [完了] Twitter連携
– [検討中] 日別のイラストページ
– シャレオツサイトとはなにか

裏の話

就職して2ヵ月立ちまして、最近はバックエンド系のお仕事をしてます。
ずっとバックエンドのコード書いててフロントエンドが恋しくなったりした勢いで作りました

……というのは一つのモチベーションではあるんですけど、それ以外にも色々思うことがあって作りました。
(最近ライブラリ書いてばっかだったから久しぶりに人に見られるものを作りたかったとか、雑にAEを触ってみたかったとか)

技術の話

バックエンドはNode.js(with Babel) / koa / pm2 / MongoDBで動いてます。
フロント側はJavaScript(with Babel) / Stylus / pug(jade)、100% No jQuery, No Bootstrapです。
(通信容量が気になるので使わなかった)

フロント側のBabelについては、IE 11がGenerator Functionに対応してなかったので、babel-plugin-transform-runtime挿してます。
babel-polyfillは通信容量が気になるのでry)

lovでやった個人的に目新しいことといえば

  • AEで作った動画をプログラミングに組み込んだ(ローディングのコーヒーカップ)
  • 初めてMongoDBを使った
  • koaを使った外部リリース出来るものを作った
  • cronを動かすものを書いた
  • 粗雑にコードを書くようにした

くらいです。

MongoDB使った感想は、すごくカジュアルにデータベースとテーブル増やせるというのとカジュアルすぎてセットアップスクリプトどう残したらいいかわからんという感じです。
JSONを直に突っ込めるのでテーブルのスキーマ設計いらなかったりintとLONGTEXTだけの雑なテーブルが出来るという悲しみを負わないのでいい感じでした。

粗雑にコードを書くようにしたっていうのはコーディングルール警察が飛んできそうですが、まあそれは仕方なく……

今まで…特に「nco」なんかはクラス化とか抽象化を考えるのに時間かけすぎてて初期リリースが遅れるし、数ヶ月触ってない期間ができて最終的にプログラムの構造が分からなくなるとかワロスなことが起きていたので、今回からは割りと雑にコードを書くように意識しました。
(開発期間が1週間位にできたし、サーバーサイドのコードがkoaの初期化とcronタスクの2つくらいしかない)

雑に書いてどうなるかは追って知ることになると思います。
雑にコード書くのはIQが下がって楽しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。